間違った自己脱毛

間違ったお手入れが毛穴の黒ずみやブツブツをひどくさせていることは、最初のページでもお伝えしましたが、自己脱毛はお肌をとても傷めます。
脱毛は必ずエステや病院などでしてもらうことが一番ですが、すぐには通えない方などは、できるだけダメージを与えないように、細心の注意を払って自己脱毛に取り組みましょう。
正しい脱毛方法で、ダメージを減らすことはできますが、全く肌を傷めないというわけではありません。
時間を作り、できるだけ早めに脱毛サロンなどに通うようにしましょう。

自己脱毛の注意

  • 必ず清潔な肌で行いましょう
    皮膚表面には雑菌が附着しています。脱毛をする際に毛穴に菌が入り、炎症や腫れをおこすことがあるので、必ず石鹸できれいに洗ってから行うようにしましょう。
  • 皮膚を温めて毛穴を開かす
    毛穴をしっかり開かせ、皮膚を柔らかくすることで、毛を処理する際のお肌への負担が減ります。お風呂上がりや蒸しタオルなどでしっかり毛穴を開かせましょう。
  • 脱毛後はしっかり冷やす
    脱毛後は炎症や腫れがおこりやすくなっています。冷たいタオルや保冷剤などを利用して、お肌をしっかり冷やしましょう。

脱毛する時は、皮膚がデリケートになっている生理時などは控えましょう。必ず様子をみて、体調のいい日に行うことをおすすめします。

自己脱毛の方法

自己脱毛で多いのが毛抜きとカミソリです。
ほとんどの方がこのどちらかで、部位によって使い分けたりする場合が多いようです。
しかし毛抜きの使用はできる限りやめることをおすすめします。
毛穴のぶつぶつの原因はほとんどが毛抜きによるものです。

できるだけダメージを減らすために、カミソリの使用をおすすめします。
そしてカミソリを使用する際も、お肌を保護する乳液やクリームなどを塗り、毛の流れに沿ってカミソリをあてましょう。
脱毛後も肌が乾燥するので、冷やした後は再びクリームなどを塗って、しっかりお肌をケアしましょう。

このページの先頭へ