ヘアサイクルについて

毛には毛周期というヘアサイクルがあり、毛根部分で毛が作りだされ毛穴の中を伸び、一定期間をすぎると抜け落ちます。
生え換わりには段階があり、主に成長期・退行期・休止期に分けられます。

成長期には毛母細胞で分裂がはじまり、毛が伸び始めます。
退行期になると、細胞の分裂が止まって、毛穴も縮みます。
休止期では、毛が抜け落ち、毛根の活動が止まります。
部位によって2か月から1年ほどの休止期に入り、再び成長期に入ります。
このサイクルを繰り返し、毛は生えたり抜けたりを繰り返します。

毛周期の違い

毛周期は場所によりバラバラで、毛の成長は違います。 基本的に、髪の毛は2年~6年ほど成長を続け、その後4カ月~半年ほど休止期に入ります。
そのまま放置していれば、髪は女性の身長ほど伸び続けると言われています。

脇毛の場合は2か月~5カ月ほど成長を続け、その後同じくらいの期間休止期を迎えます。
なので髪の毛などと違い、2か月~5カ月分くらいしか毛が伸びません。
まつ毛だと1ヵ月くらいで、部位によって全く異なります。

人によってもこのサイクルは異なり、年を重ねるごとに毛周期のリズムも変わってきます。
お年寄りにまゆ毛や鼻毛の長い方をよくみかけますが、これは毛周期が長くなったため、毛が長くなっていると考えられるでしょう。

全身この毛周期を繰り返し、今皮膚表面に見えている毛は、成長期であったり退行期に入りつつあるものもあったり、休止期に入り抜けそうになっているものもあります。
休止期に入った状態の毛根は、皮膚の下でたくさん眠っているので、今表面に見えている毛よりも、実際はもっと多く毛根があると考えられます。

エステでの脱毛

医療やエステの脱毛も、この毛周期を利用して脱毛を行います。
光やレーザーなどは、今表面上にでている毛しか脱毛することができません。なので一回で全ての毛をきれいにするのは不可能なのです。

脇を例にすると、一度脱毛し、次に眠っている毛が皮膚上に顔出すまで、2か月~3か月かかるので、次に脱毛するのは2カ月~3か月後ということになります。
これを数回繰り返すので、完了するまでにはどうしても1年以上はかかってしまいます。

このページの先頭へ